マタニティでもブライダルエステは受けられるの?

ブライダルエステ

まずエステとブライダルエステの違いから。

ブライダルエステとは、最高の花嫁姿に仕上げるため、挙式日に合わせてスケジュールを組んで施術するもの。

背中が大きく開いたドレスならバックスタイルを、ビスチェタイプのドレスならデコルテを中心になど、当日身につけるドレスのデザインに合わせて、短期集中のトリートメントを行っていきます。

マタニティウエディングの場合、準備期間も短いのでブライダルエステのような大きな効果は期待できませんが、体調が落ち着く安定期に入ってから、かかりつけの産婦人科の先生の許可をもらって施術しましょう。

エステに行く際は、母子手帳を持っていくのも忘れずに。

また妊娠中はお肌が敏感になっているので、普段はなんでもない化粧品でも反応してしまうことがあります。

体調のよい日を選んで、挙式日直前ではなく、できるだけ余裕をもって行うと安心です。

 

妊娠周期別にみる施術可能なブライダルトリートメント

アロマオイル

機械を使った施術や強いマッサージなど受けられないものもあるので、サロンには必ず妊娠中と伝えましょう。

妊娠初期(1~4カ月)
つわりもあるこの時期は、匂いにも敏感になっているので、化粧品は無香料のものや爽やかなアロマなど、優しい香りでゆったりとリラックスできる施術がおすすめ。母子ともに体調が安定していないので、心地よい程度に行いましょう。
妊娠中期(5~7カ月)
次第につわりもなくなり、安定期に入ります。身体も心も落ち着いてくるので、体調に合わせてシェービングやフェイストリートメント、マッサージなどが行えます。ニキビやシミなどはパックや毛穴洗浄、アロマオイルを使ったハンドマッサージがおすすめ。フェイスラインもきゅっと引き上げます。また妊婦さんは毛が濃くなっているので、プロのシェービングでお肌をワントーン明るくしてきましょう。挙式1ヶ月前に肌荒れしないか試しておくと安心です。

妊娠後期(8カ月~)
おなかが大きくなると姿勢が悪くなり、腰痛やむくみがでてきます。オイルを使ったハンドマッサージで、リンパのつまりをほぐしてむくみをケアしましょう。精神的にも落ち着かないので、リラックス効果のあるエステでストレスフリーに。

 

結婚式に向けてマタニティでもダイエットできる?

ヘルシーな食事

安定期に入ってつわりが収まると食欲旺盛になり、急な体重増加が気になる妊婦さんも少なくなくありません。

結婚式を控えているのなら、ドレスのサイズも大きく変わってしまうので、急激に太らないように注意しましょう。

まず栄養価は少ないのにハイカロリーなスナック菓子やファストフードなどは避けること。

お野菜を中心としたヘルシーなメニューに切り替えます。

またおなかの赤ちゃんにたくさんの栄養が運ばれるため、貧血が気になる時期でも。

栄養バランスの良い和食を基本に、間食を控えて1日3回の規則正しい食事を心がけましょう。

    
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>